残留塩素とは??

水道水に含まれる塩素
・水道水は、生活排水や工場排水等で汚染させた河川の水に大量の『塩素』を加える事で消毒処理を行い、
飲める状態にして各家庭の蛇口まで運ばれています。
水道水には、この残留塩素が含まれています。

塩素』の悪い働きとは?

怖いトリハロメタン
・浄水場で塩素殺菌する際に発生するのが『トリハロメタン』です。
これは発ガン性物質で、体内の臓器などに大きなダメージを与える事や
アトピー性皮膚炎や喘息の悪化、流産の危険性も上がることがわかってきました。

肌や髪を傷つける
・人の体は、10万種類以上のタンパク質で出来ています。塩素は肌や髪のタンパク質を壊し、細胞を傷つけて大きなダメージを与えます。

カルキ臭い水
・カルキ臭は『塩素』が水中のアンモニアと反応しておこります。雨が降った後の水道水が特に臭いのは、雨によって濁った河川から水を取り入れるため、多くの『塩素』を使うからです。

↓↓

↓↓

左の写真は、水道水(左)と礫岩石にさらした水(右)の写真です。この中に残留塩素を有無を見るための粉体試薬を入れた写真(下写真)です。
試薬は2種類、塩素に反応すると赤く変色するものと黄色く変色する試薬です。
水道水の方は、明らかな反応が出ているのに対して、礫岩石を使用した水は、反応がありませんでした。
この様に、礫岩石を使用する事によって、水道水に含まれている塩素を除去する事が出来ます。

BACK